2009.02.12

ミニたい焼き!

伊勢丹の地下の催事場で、かわいらしい「ミニたい焼き」を見つけました。

神戸ピッコロのミニたい焼き。
これで30匹以上!
この写真だけだとよく分からないかも知れませんが、これでも30匹以上入って1050円。
中身の「あん」が何種類もあって、好きなものを選ぶこともできるのですが、ひととおり試してみたかったので全種類の詰め合わせパックにしました。

ちなみに「中身」は
・プレーン(生地のみ)
・カスタード
・キャラメル
・チョコレート
・チーズ
・あんこ
・カフェオレ
などなど。

「金魚」ぐらいの大きさです
例えるなら…そう、まさに「金魚」のような大きさです(笑)。

このミニサイズのたい焼きは危険ですね。小さいので調子に乗ってパクパク食べてしまいます。
しかも、なぜか続けて同じ中身を選んでしまうことが多くって~。(私だけじゃなくて旦那も)
↑のお皿に「たまたま載せた」2匹も、もちろん同じ中身でした(^_^;)。

途中からは2人とも「まず割って中身を確認」しながら食べたのですが、それでもいちどに全種類制覇はできませんでした。。。小さいからって次々と食べていると、5個目ぐらいでお腹にたまります。

2日ぐらいは日持ちするそうなので、そんなに急がなくてもいいのですが…たぶん明日にはなくなっているでしょう(笑)。リピート確実ですね♪

|

2009.01.31

「神の雫」見てます

すっごい久しぶりに「普通のドラマ」を見てます。

そう、ワインがテーマの「神の雫」です。

原作の漫画は、最初の1話ぐらいしか読んだことがありません。
どうも、多用されているワイン用語はカタカナ文字が多くって、頭に入ってこないもので(^_^;)…

でも、ドラマ化される以前から、漫画版で取り上げられたワインをよく売り場で見かけていました。お店も「神の雫掲載ワイン」などというキャッチコピーを書くから、イヤでも目につんですよね(笑)。

ところが、そのわりには私でも手が出せるお値段が多いので、1~2度ぐらいは「だまされたつもり」で買ってみたこともあるのですが…

安いのに、美味しい

んですよ!
確かに、他にも安くて美味しいワインはたくさんありますが、掲載ワインは「この値段で、この美味さ!?」と感動に近いものがありました。

それだけに「神の雫」という漫画は、(ストーリーを知らないものの)あなどれないなと思っていました。

で、ドラマ化されることを知り、注目していたわけですが…

まぁ「いまどきのドラマ」ですね(^_^;)。
主人公があり得ない位にいろんな人にバッタリ会ったりとか、あまりに「ご都合主義」で、ツッコミを入れる気も起こりません。原作の雰囲気は、もうちょっとシビアだったような。まぁ、おおまかなストーリーが把握できればいいかな~という程度で見ております。

ひとつ確信したのは、イケメンがワインを飲む姿はやっぱり絵になるということ♪

主人公の亀梨クンも素敵ですが、敵役の田辺サンもいいわ~♪♪
この2人がワインを飲んでいる姿を見ていると、やっぱり同時にワインを飲みたくなっちゃいますね。

ところが、意外にも旦那がこのドラマにハマッているようで。
「オレも、もうちょっとワイン飲もっかなっ♪」と、かなり乗り気です(^_^;)。
えぇーっ、私が家で飲んでいる時は、あんなに「冷たい視線」だったのに…

ドラマで取り上げられたワインをネットで調べているようで、その価格に驚いたりしています。なんせ5大シャトーとか、高そうなところしか出てませんからねぇ。
でも全国ネットのドラマで取り上げられたら、お値段に関係なく入手困難になっているんでしょうね。

個人的には、これが「一時のブーム」に終わらないで、ワインに親しみを持てる人がもっともっと増えてくれればいいな、と思っています。そうすれば、もっといろんなお店で買ったり飲んだりできるようになるし、それだけいろんなワインに出会えるチャンスも増えますから。

神の雫に、乾杯!

|

2009.01.30

1月の外食ランチ

気がついてみれば、1月7日以降外食の記事は書いてなかったので、それ以降の分をまとめてみました。

ファーストキッチンの「明太子バターパスタ」。
明太子バターパスタ
こういうお店でパスタってどうなんだろう?と思っていましたが、すみません、すっかりあなどってました。
注文したら割とすぐに出てくるし、ちゃんと茹でたてホカホカだし、何よりも「きちんとアルデンテ」でした。この仕組み、どうなってるんだ~!?厨房を覗いてみたくなりました(笑)。

パスタの量はちょっと控えめですが、味もそんなに悪くありません。
ただうっかりセットのドリンクをコーヒーにしてしまったので(コーヒーも美味しいです♪)、少しだけお水が飲みたくなったかな。店内で食べる場合は、ドリンクの種類も考えないといけませんね。

グランデュオ立川の「かつくら」
京風のとんかつ屋さんです。
ゴリゴリ…
ゴマをゴリゴリ擂りながら、待ちます。

ソースとかドレッシング
テーブルに並ぶソースやドレッシング。

食べ放題の漬物
この漬物は食べ放題(テーブルの壷に入ってます)です!

金時人参と花菜の湯葉巻きかつとヒレかつ膳
金時人参と花菜の湯葉巻きかつとヒレかつ膳。
京都らしいメニューです。

↓こちらは、お膳についてくる漬物。
お膳についてくる漬物
赤だし味噌汁
↑お替わり自由のお味噌汁。

京都らしい、とても上品な味わいのとんかつでした。
こちら、初めてというわけではなく、ちょっと久しぶりに行きましたねぇ。

今回もそうだったのですが、なぜか行くたびに狭い席になっちゃって。
それでなくともソースや漬物の壷がテーブルに並んでいるので、より狭くなったところで、ご飯はおひつに入ってくるので、よそいづらいし更に狭くなっちゃうんですよね…。
元々、人気のあるお店だから仕方ないなと思いながら食べていたのですが、お店を出る時に周りを見てみたら、他の2人客は広いテーブルに座っていたりしたので、「なんで~!?」と思いました。味は好きなんだけど、いまひとつ相性は合わないのかも(^_^;)。

こちらもグランデュオに入っている「京華樓(きんかろう)」
京華小籠包ランチ
京華小籠包ランチ。
小籠包を中心に、中華メニューが「ちょっとずついろいろ」揃っています。
ボリュームがあって、まあまあ美味しいです。
ちなみに杏仁豆腐は「極めて普通」の味です。

麻布亭(立川髙島屋)のステーキ丼。
ステーキ丼
このステーキ丼、最初にメニューを見た時からずっと気になっていたのですが、やっと注文することができました。
今までのメニューと違い、あらかじめ割り箸を用意してくれます(笑)。
で、想像よりずっと美味しかったです!お肉は値段相応ですが、味付けが「バター醤油」みたいな感じでわりとサッパリしているので、見た目のボリュームはありますが、女性でも食べ切れると思います。人目がなければ、ガツガツ食べたい感じでした。

グランデュオの皇華(ファンファ)
今までずっと入ったことがなかったのですが、初めて入りました。
あんかけチャーハン
ソフトシェルクラブが丸ごとトッピングされている、ふかひれあんかけチャーハン。
ソフトシェルクラブは、もちろん丸ごとガブッといけます。餡にはふかひれがたっぷり入っていて、チャーハンそのものも美味しかったです。
これで1250円は、むしろ安いんじゃないかと。

ラーメンと半チャーハンのセット。
ラーメン(名前忘れました)
半チャーハン
ラーメンは何種類か選べるようでした。
このセットで850円も安い…

追加で、焼餃子。
焼餃子
ふたりで4コじゃ、足りないかな~と思っていたのですが、わりと大きかったので、食べごたえはありました。

あまり混んでない(むしろいつも空いている)お店という印象でしたが、味はけっこう本格的でした。隣のテーブルとの間に仕切りが立てられているので、けっこう落ち着きます。スタッフは中国の方が多いようですが、とても感じが良かったですよ~。

「今まで素通りばかりして、ごめんなさい」という感じですね(笑)。
やっぱり未知のお店は、入ってみないと分からないことがたくさんありますね。
メニューの数がとても多かったので、これから時々は行ってみたいと思います。

|

2009.01.28

京都展【スイーツ編】

1月14日~19日まで伊勢丹立川店で開催されていた「京都展」で買ったもの。
今回は「スイーツ編」です。

何だか「スイーツ」って言葉、出始めたばかりの頃は「ヘンだな」と思っていて、今でもあまり好きじゃないのですが、他の適切な言葉が思いつかなくて、仕方なしに使ってしまう自分がいます…
まぁ物産展とは全く関係のない独り言でございます。

ジュヴァンセルの「抹茶クグロフ」。
抹茶クグロフ
チラシで見て「これは買い!」と旦那と意見が一致して、真っ先に買ったのがこれでした。
予想どおり、とても美味しいクグロフでした。特に、抹茶の風味は「さすが」としか言いようがありません。
2個目も買っておけば良かったかなぁ…

これも超オススメ「茶の菓」。
お濃茶ラングドシャ
茶の菓
中はホワイトチョコ
マールブランシュというお店の「お濃茶ラングドシャ」です。通常は京都でしか買えないらしいです。

見た目は地味ですが、こちらも抹茶の風味がたまりません。
ほんのりほろ苦い抹茶クッキーにサンドされた、ホワイトチョコの甘味。このバランスが絶妙なのです。
去年、試しに買ってみて一度で気に入ったので、こちらも迷わず買いました。賞味期限が長めなので、今でも大事に食べてます♪

こちらは有名店「京の洋菓子専門店 まざあぐうす」のロールケーキ。
抹茶ロールケーキ
中身はあずき+栗
賞味期限が当日限りという、ちょっと厳しい条件だったので、さんざん迷ってから最終日間際に「すべり込み購入」しました。
スポンジはフワフワで、生クリームもそこそこ質の良いものだと思います…が、抹茶の風味としては、上記の2つのスイーツに比べると、ちょっと控えめですかね。

ボゥ・ベル・ベルの「とろけるチーズケーキ」。
ボゥ・ベル・ベル
とろけるチーズケーキ
とてもソフトなのでカットするのが大変
こちらは、実は京都展が終了後、伊勢丹の地下で引き続き販売されているのを見て購入しました。

てっきり売れ残った分かと思っていたのですが、お店のHPを拝見すると、元々そういう予定だったみたいですね。なんだ、全く値引きしないからおかしいな~と思ってたんですよね、失礼しました(^_^;)。

で、このチーズケーキ。
本当にとろけます。と言うか、カットする段階から大変でした。あまりにソフトすぎて、なかなかきれいにカットできませんでした。でも意外と「あっさり」しているので、付いてきたパンフに書かれていた

「気がついたら1人で1本食べちゃいました」

というのも、とてもよく分かる気がしました。

ヘタにカットしようとせず、カロリー度外視で1本食べ切ってしまうのが、正しい食べ方かも知れません。

他には「抹茶パフェ」なんかも、ちょっと気になってはいたのですが、値段が平気で千円超えたりしますからねぇ…ついに手が出せませんでした。

でも、それなりに満喫できたんじゃないかと思います。

さて、やっとたまった記事が書き終わったところで、本日から九州展(伊勢丹立川店)、明日から味百選(立川髙島屋)が開催されます。どんな「美味しいもの」に出会えるんでしょうか。楽しみです♪

|

2009.01.27

京都展【お弁当編】

1月14日~19日まで伊勢丹立川店で開催されていた「京都展」で買ったもの。
まずは「お弁当編」です。

下鴨茶寮
蟹ひろうすの初春弁当
下鴨茶寮の「蟹ひろうすの初春弁当」1260円。
こちらのお弁当は、去年も買っているのですが、お手頃価格のわりにはいつも手が込んでいるんですよね~。繊細な味付けのおばんざいが量は少しずつ、種類は多めに揃っているので、とっても贅沢な気分になります♪

こちらは、旦那が買った「おあげ巻寿し」1365円。
おあげ巻寿し
おあげ巻寿し
巻寿し・断面
油揚げを裏返して巻き寿司風にしている作り方って、私にはとても新鮮に見えたんですけど、一般的にはどうなんでしょう!?

ちなみに中身の具は、どちらも同じ内容でした。
チラシによると「椎茸、かんぴょう、玉子、京にんじん、壬生菜」だそうです。
買った時に入れていただいたパンフレット「佐近」というレストランがとても美味しそうでした。京料理とフランス料理のお店です。

こちらも物産展では常連の「濱登久」という老舗料亭。
湯葉餡かけ御膳
湯葉餡かけ御膳1050円。
老舗料亭なのに、とっても庶民的なお値段です♪
しかも、ご飯が必要以上に水っぽくならないように、「レンジでチン」した後に外すためのビニールシート(湯葉とご飯の間)付き!このコンビニ弁当並みの庶民的な気遣いは、そう簡単には出来ないと思います。それなのに、味は繊細だけど確かに一流。
もう1回買える機会があれば、「寿司サンド(見た目はサンドイッチ、しかし現物は酢飯と具材)」も試してみたかったです。

今回購入したお弁当は、チラシではなぜか全部「立川店オリジナル」と表示されていました。
どのへんがどうオリジナルなのかは、他の京都展のチラシを見てないので分かりませんが、「ほんのちょっとだけ、具の配置が違う」とか…だったんでしょうか。

真相は全く分かりませんが、美味しかったからまぁいいや(笑)。

|

2009.01.25

冬の北海道展・続編

もうとっくに終了してしまいましたが、13日(火)まで立川髙島屋で開催されていた「冬の北海道展」で買ったもの・続編です。

函館塩ラーメン
北浜商店の「函館塩ラーメン」。
前回「白みそラーメン」が美味しかったので、他のも気になって最終日に行きました。
こちらの塩ラーメンもなかなかでした。白みそとは、微妙にトッピングを変えているんですね。「麩」が入っているのが面白いな、と思いました。
最終日だからだと思うのですが、お店のお兄さんのご好意で「替え玉」をいただきました♪
※普段はやっていません。

ラーメンが美味しかったので、餃子(冷凍品)も購入。
函館餃子
全て「国産原料」だそうです(^_^;)。

早速焼いてみます。
パリパリ!
ものすごく「パリパリッ」とした感じに焼き上がりました!
素人が焼いてもこれだけの仕上がりになるんだから、お店で食べると更に美味しいんでしょうねぇ~。
このお店で食べるために、函館に行ってみたいです。

餃子についていた、特製のみそだれ。
特製みそだれ
餃子にみそだれなんて、初めてでしたが不思議とよく合いました。
余ったみそだれは取っておいて、後日雑炊を作ってみたら、これまた美味しくできました♪スープ状にすると、やっぱり「白みそラーメン」の味に近い感じがしました。

次はスイーツ部門。

ロイズ生チョコ「キャラメリゼ」
久しぶりに買いました、ロイズの生チョコ。
「キャラメリゼ」1月限定だそうです。
キャラメル風味の中にも、洋酒の風味が漂う大人のチョコです。
1日1粒ずつ、今でも大事に食べてます(笑)。

最終日のみ、限定50個限りだった「ショコラショー」。
ショコラショー
限定というわりには、並びもせず普通に買えました。

冷凍状態で販売されているので、食べる直前に「レンジでチン」します。
一見、普通のチョコケーキですが…
見た目は、普通のチョコレートケーキなのですが…

レンジで温めることにより、中のチョコがとろ~り♪
中にはとろ~りチョコレート
こちらも全体的にビターな味わいで、大人のための贅沢なフォンダンショコラですね。

他には「北海道ワイン」のコーナーの店員さんと知り合いになったので、行くたびに多量に試飲させてもらったり(笑)、「お楽しみ抽選会」でたまに当たったり…と、けっこう楽しめました。

時期としては、ちょうど「ひなたちゃん」の看病をしていた頃だったので、今思えばいい気分転換になっていたんじゃないかと思います。

|

2009.01.24

近況

どうも、さとひろです。
またすっかりご無沙汰してしまいました。

北海道物産展が終わったと思ったら、すぐに京都展があったり、下の部屋の猫「ひなたちゃん」のことで色んなことがあったりで、書きたいことはたくさんあるのに、なかなかじっくりとPCに向かうことができない日々でした。

その「ひなたちゃん」は、(おそらくほとんどの方はすでにご存じと思いますが)残念ながら1月16日の午前中に、息を引き取りました。

私は最後の約10日間、毎日のようにひなたちゃんの「生存確認」と「看病」に明け暮れていたわけですが…ひなたちゃんは最後まで、ものすごく頑張っていました。本当なら、もうとっくに死んでいてもおかしくないような状態と言われてから、1ヶ月あまりの闘病生活。人間換算すれば3~4ヶ月にも匹敵する長い期間、本当によく耐えたと思います。

亡くなってから1週間が経ち、私たちも飼い主さんも徐々に日常の生活に戻りつつあります。
一時は、ちょっとしたペットロス状態に陥りそうになりましたが、幸いなことにうちにはノルンがいます。看病中も今も、このコのおかげで気持ちが落ち込まずに済んでいる気がします。
今までも大事にしてきましたが、これまで以上に大事にしてやりたいと思うようになりました。

今は、看病に充てていた時間を、たまった用事を片付けることに使っているので、まだ毎日更新とはいきませんが…徐々にならしていければと思いますので、これからもよろしくお願いします。

|

2009.01.10

冬の北海道展

立川髙島屋で3日から北海道展が開催されていたのですが、なかなか記事にするヒマがなくって。

でも「いちおう撮ってみた」写真だけは溜まる一方なので、ザーッと並べておきます。

ルタオのジャージーロール。
ジャージーロール・箱
ジャージーロール・カット前
ジャージーロール・カット後
生クリームがとても上品な仕上がりでした。

北海道ワイン「小樽市のみなさまへ」と「ナイアガラスパークリング」。
北海道ワイン
「ナイアガラ」という銘柄は他でも買えますが、スパークリングになっているのは珍しいし、美味しいです。

北浜商店「函館白みそラーメン」。
函館白みそラーメン
イートインコーナーが空いている時に、試しに入ってみたのですが…うまい!
味噌ラーメンは結構好きですが、この味は初めてです。「白みそ」独特の「甘味」があって、しかもコクがあります。トッピングなどがあまり懲りすぎていないのも、個人的には良いと思いました。

で、「お持ち帰り用」のパックも買ったのですが、「パック3個お買い上げ」の方についてきた「おまけ」が…
まりもっこり!
「まりもっこり」のドリンクでした(^_^;)。
知り合い(男性・独身)に差し上げました、ラーメン1パックと共に。

パティスリー・ドゥ・ランコントゥルの「エクレア」。
箱入りエクレア
↓いちご&ゆず
いちご&ゆず
↓キャラメル
キャラメル
ちゃんとお皿に移してから撮れば良かったのですが…あまりキレイな写真じゃなくてすみません。でもこのエクレアは、お皿などに移さず、片手で持って「ガブッ」といった方が美味しいです(*^_^*)。

松前漬け。
松前漬け
松前漬けと一緒に買ったイカのなんとか漬け。
イカのなんとか漬け
松前漬けは濃い目の味付けですがほんのり甘く、イカの方は刺身用なのでとっても柔らかい歯ざわりです。
ご飯の共にも、おつまみにもいいですよね♪
松前漬けは粘り気があるので、意外とパスタにも合うんじゃないかと思いました。

|

2009.01.07

くいだおれ後半

長かった旦那の休みも今日で終わり。

そこで「くいだおれ正月・後半」をまとめてみました。(外食のみ)

1月3日昼「飲々菜々」
醤油ラーメン+餃子
醤油らーめんと餃子3個。
実は年末ごろからずっと食べようとしていたのですが、行くたびに「満席」で。
なにせ、カウンター7席だけですからねぇ。
この時はたまたま食べ終わった親子連れが離席するところだったので、入れ違いで座ることができました。
けっこう久しぶりでしたが、相変わらず美味しかったです。

1月6日昼「てしまんま」
てしま醤油
今年初めての「てしまんま」です。
世間は休み明け&時間をずらして行ったので、広い席でゆっくりさせていただきました。

冷奴と干し海老ドレッシングのサラダ
冷奴と干し海老ドレッシングのサラダ。

あっさり角煮御膳
白い角煮!
今回試してみたのは「あっさり角煮御膳(本当はもっと長いメニュー名)」。
豚の角煮なのに、煮汁の色がほとんど付いてません。「あっさり」とはこういうことだったんでしょうか。
主な具材は、豚肉2~3切れ、味付玉子1/2個、ブロッコリー、にんじん、大根といったところでした。

味は確かにしっかり付いていて「さすがの腕前」なのですが…豚肉の脂身も白っぽいままなんですよね(^_^;)。気分的な問題だけかも知れませんが、私はやっぱり豚の角煮は「茶色」の方がいいなぁ。
同じ豚肉メニューなら、「生姜焼御膳(※記事にはしてません)」の方が個人的には好みです。

で、今日のお昼はちょっといいお肉を買ってきて「すき焼き」をしました。
自宅で自主的にすき焼きをするなんて、初めてのことです。
先日、いただきものの牛肉で使った「すき焼きのたれ」が残っていたから…だったのですが、あー、しまった。全く写真撮ってませんでした(T_T)。
どうしても私が「つくる人」になっちゃうから、やること多すぎて忘れちゃうんですよね。

あとは3日から髙島屋で北海道展が開催されているので、「北海道ワイン」のコーナーで試飲しまくりでした(店員さんがどんどん注いでくれるのだ)。旦那も同じ勢いで調子に乗って飲むのですが、旦那だけ「ゆでダコ」みたいな顔になるので、一緒に歩くのが恥ずかしくなります(笑)。

そうなんです。お正月休みに入ると同時に、アルコール類を解禁していた私ですが、またしばらく禁酒してみようかなと思ってます。すぐ影響が出ちゃうんですよ。体重に(爆)。
2~3日おきに禁酒するよりも、続けてストップした方が自分にはよさそうなので、ちょっと続けてみようかと思っております。

|

2009.01.06

たこ焼きパーティー!?

予告どおり、昨日たこ焼きにチャレンジしてみました。

材料を細かくカットするのは私。
粉をといて「たね」を作るのも私。
※たねを作る時に「卵のカラザは取ってね」とわざわざ指定しやがりました。
カセットコンロをセッティングして、あらかじめたこ焼き用の鉄板を洗ったのも私。

旦那がやったことと言えば…
鉄板に油を引くのと、
たねを流し入れるのと、
ひっくり返す…

ぐらいでしょうか。
でも途中から、私もひっくり返すのは半分やっていたしなぁ。

しかも、1回目は油がなじんでなくて火力も強すぎたらしく、鉄板に多量の「こげ」がついてしまい、やむなく途中で鉄板を洗ったのも私(^_^;)。

それでも「オレが焼いた」と言い張ってます。
そーゆー人です。

それはともかく、最初のうちはなかなか上手く回転させられず、こんな感じでした。
ちょっと「いびつ」…

何回か繰り返しているうちに、油もなじんできてやりやすくなったので、
少しは上達したかな??
何とか形になってきました!

関西の方から見れば「まだまだ」かも知れませんが、初めてやってみたわりにはちゃんと出来たんじゃないかと自己満足してます♪
まぁ、自分が楽しんで焼ければいいですよね、たぶん。

そして、もうひとつのメリットに気付きました。

普段、旦那はものすごい「早食い」なので、私が3口ぐらい食べる頃にはすっかり食べ終わっていて、すぐ食卓を離れてPCの前に行ってしまいます。

ところが、少しずつ「たね」を焼いていくたこ焼きでは、そうはいきません。
いちどに作ったたねを、4回ぐらいに分けて焼いたので、少なくとも1時間以上はかかったでしょうか。食べるのも、焼き立てでアツアツなので早食いはできません。こんな長い時間、じっくり向かい合って食事したのは初めてかも知れません(爆)。

そう毎日は出来ませんが、たまにはこんなゆっくりペースの食事もいいな、と思いました。
まだ部屋が「鉄板くさい」ですけど(笑)、これからも時々はやってみたいと思います。

|

«「お吸い物」覚え書き