« 「たこ焼き」に目覚める(?)旦那 | トップページ | たこ焼きパーティー!? »

2009.01.05

「お吸い物」覚え書き

普段あまり料理をしない私でも、美味しく作れる「お吸い物」。

元旦から毎日作っているので、忘れないうちにメモがわりに記事にしときます。

これだけは欠かせないという「秘密兵器」は、この「あご入りだし」。

これを使うと、イッキに「料亭の味」のようになります。
特に「だし」の味が重要なお吸い物には欠かせません。

では材料から。
うちで一度に作る量です。

・「あご入りだし」2パック
・水約1リットル
・うすくち醤油 大さじ1.5~2
・料理酒 大さじ1
・しめじ 適量
・なると 適量
・三つ葉 適量

作り方はとっても簡単♪
1.お湯を沸かし、「あご入りだし」を入れて「だし」をとります。
2.十分「だし」が出たらパックを取り出し、うすくち醤油と料理酒で味の調整をします。
3.しめじやなるとを入れて、少しだけ煮込みます。
4.あらかじめお椀に三つ葉を入れておき、そこに出来上がったお吸い物を注いで、完成。

きのこ類は他のものでも構わないと思いますが、あまり香りの強いものを使うとせっかくの「だし」や三つ葉の風味が半減してしまうので、うちではしめじにしています。

この「あご入りだし」、てっきり通販でしか買えないのかと思っていたら、先日伊勢丹の地下で同じものを見かけました。そこそこ値段もいいので、送料をかけなくて済むだけでも助かります。

「減塩タイプ」もあるので、次に買う時はこちらかなぁ…

旦那が「低たんぱく、低塩分」を守らなくちゃいけないのですが、なかなか難しいのでせめて材料だけでも減塩しないとねぇ…

|

« 「たこ焼き」に目覚める(?)旦那 | トップページ | たこ焼きパーティー!? »