« 冬の北海道展・続編 | トップページ | 京都展【スイーツ編】 »

2009.01.27

京都展【お弁当編】

1月14日~19日まで伊勢丹立川店で開催されていた「京都展」で買ったもの。
まずは「お弁当編」です。

下鴨茶寮
蟹ひろうすの初春弁当
下鴨茶寮の「蟹ひろうすの初春弁当」1260円。
こちらのお弁当は、去年も買っているのですが、お手頃価格のわりにはいつも手が込んでいるんですよね~。繊細な味付けのおばんざいが量は少しずつ、種類は多めに揃っているので、とっても贅沢な気分になります♪

こちらは、旦那が買った「おあげ巻寿し」1365円。
おあげ巻寿し
おあげ巻寿し
巻寿し・断面
油揚げを裏返して巻き寿司風にしている作り方って、私にはとても新鮮に見えたんですけど、一般的にはどうなんでしょう!?

ちなみに中身の具は、どちらも同じ内容でした。
チラシによると「椎茸、かんぴょう、玉子、京にんじん、壬生菜」だそうです。
買った時に入れていただいたパンフレット「佐近」というレストランがとても美味しそうでした。京料理とフランス料理のお店です。

こちらも物産展では常連の「濱登久」という老舗料亭。
湯葉餡かけ御膳
湯葉餡かけ御膳1050円。
老舗料亭なのに、とっても庶民的なお値段です♪
しかも、ご飯が必要以上に水っぽくならないように、「レンジでチン」した後に外すためのビニールシート(湯葉とご飯の間)付き!このコンビニ弁当並みの庶民的な気遣いは、そう簡単には出来ないと思います。それなのに、味は繊細だけど確かに一流。
もう1回買える機会があれば、「寿司サンド(見た目はサンドイッチ、しかし現物は酢飯と具材)」も試してみたかったです。

今回購入したお弁当は、チラシではなぜか全部「立川店オリジナル」と表示されていました。
どのへんがどうオリジナルなのかは、他の京都展のチラシを見てないので分かりませんが、「ほんのちょっとだけ、具の配置が違う」とか…だったんでしょうか。

真相は全く分かりませんが、美味しかったからまぁいいや(笑)。

|

« 冬の北海道展・続編 | トップページ | 京都展【スイーツ編】 »