2009.01.28

京都展【スイーツ編】

1月14日~19日まで伊勢丹立川店で開催されていた「京都展」で買ったもの。
今回は「スイーツ編」です。

何だか「スイーツ」って言葉、出始めたばかりの頃は「ヘンだな」と思っていて、今でもあまり好きじゃないのですが、他の適切な言葉が思いつかなくて、仕方なしに使ってしまう自分がいます…
まぁ物産展とは全く関係のない独り言でございます。

ジュヴァンセルの「抹茶クグロフ」。
抹茶クグロフ
チラシで見て「これは買い!」と旦那と意見が一致して、真っ先に買ったのがこれでした。
予想どおり、とても美味しいクグロフでした。特に、抹茶の風味は「さすが」としか言いようがありません。
2個目も買っておけば良かったかなぁ…

これも超オススメ「茶の菓」。
お濃茶ラングドシャ
茶の菓
中はホワイトチョコ
マールブランシュというお店の「お濃茶ラングドシャ」です。通常は京都でしか買えないらしいです。

見た目は地味ですが、こちらも抹茶の風味がたまりません。
ほんのりほろ苦い抹茶クッキーにサンドされた、ホワイトチョコの甘味。このバランスが絶妙なのです。
去年、試しに買ってみて一度で気に入ったので、こちらも迷わず買いました。賞味期限が長めなので、今でも大事に食べてます♪

こちらは有名店「京の洋菓子専門店 まざあぐうす」のロールケーキ。
抹茶ロールケーキ
中身はあずき+栗
賞味期限が当日限りという、ちょっと厳しい条件だったので、さんざん迷ってから最終日間際に「すべり込み購入」しました。
スポンジはフワフワで、生クリームもそこそこ質の良いものだと思います…が、抹茶の風味としては、上記の2つのスイーツに比べると、ちょっと控えめですかね。

ボゥ・ベル・ベルの「とろけるチーズケーキ」。
ボゥ・ベル・ベル
とろけるチーズケーキ
とてもソフトなのでカットするのが大変
こちらは、実は京都展が終了後、伊勢丹の地下で引き続き販売されているのを見て購入しました。

てっきり売れ残った分かと思っていたのですが、お店のHPを拝見すると、元々そういう予定だったみたいですね。なんだ、全く値引きしないからおかしいな~と思ってたんですよね、失礼しました(^_^;)。

で、このチーズケーキ。
本当にとろけます。と言うか、カットする段階から大変でした。あまりにソフトすぎて、なかなかきれいにカットできませんでした。でも意外と「あっさり」しているので、付いてきたパンフに書かれていた

「気がついたら1人で1本食べちゃいました」

というのも、とてもよく分かる気がしました。

ヘタにカットしようとせず、カロリー度外視で1本食べ切ってしまうのが、正しい食べ方かも知れません。

他には「抹茶パフェ」なんかも、ちょっと気になってはいたのですが、値段が平気で千円超えたりしますからねぇ…ついに手が出せませんでした。

でも、それなりに満喫できたんじゃないかと思います。

さて、やっとたまった記事が書き終わったところで、本日から九州展(伊勢丹立川店)、明日から味百選(立川髙島屋)が開催されます。どんな「美味しいもの」に出会えるんでしょうか。楽しみです♪

|

2009.01.27

京都展【お弁当編】

1月14日~19日まで伊勢丹立川店で開催されていた「京都展」で買ったもの。
まずは「お弁当編」です。

下鴨茶寮
蟹ひろうすの初春弁当
下鴨茶寮の「蟹ひろうすの初春弁当」1260円。
こちらのお弁当は、去年も買っているのですが、お手頃価格のわりにはいつも手が込んでいるんですよね~。繊細な味付けのおばんざいが量は少しずつ、種類は多めに揃っているので、とっても贅沢な気分になります♪

こちらは、旦那が買った「おあげ巻寿し」1365円。
おあげ巻寿し
おあげ巻寿し
巻寿し・断面
油揚げを裏返して巻き寿司風にしている作り方って、私にはとても新鮮に見えたんですけど、一般的にはどうなんでしょう!?

ちなみに中身の具は、どちらも同じ内容でした。
チラシによると「椎茸、かんぴょう、玉子、京にんじん、壬生菜」だそうです。
買った時に入れていただいたパンフレット「佐近」というレストランがとても美味しそうでした。京料理とフランス料理のお店です。

こちらも物産展では常連の「濱登久」という老舗料亭。
湯葉餡かけ御膳
湯葉餡かけ御膳1050円。
老舗料亭なのに、とっても庶民的なお値段です♪
しかも、ご飯が必要以上に水っぽくならないように、「レンジでチン」した後に外すためのビニールシート(湯葉とご飯の間)付き!このコンビニ弁当並みの庶民的な気遣いは、そう簡単には出来ないと思います。それなのに、味は繊細だけど確かに一流。
もう1回買える機会があれば、「寿司サンド(見た目はサンドイッチ、しかし現物は酢飯と具材)」も試してみたかったです。

今回購入したお弁当は、チラシではなぜか全部「立川店オリジナル」と表示されていました。
どのへんがどうオリジナルなのかは、他の京都展のチラシを見てないので分かりませんが、「ほんのちょっとだけ、具の配置が違う」とか…だったんでしょうか。

真相は全く分かりませんが、美味しかったからまぁいいや(笑)。

|

2009.01.25

冬の北海道展・続編

もうとっくに終了してしまいましたが、13日(火)まで立川髙島屋で開催されていた「冬の北海道展」で買ったもの・続編です。

函館塩ラーメン
北浜商店の「函館塩ラーメン」。
前回「白みそラーメン」が美味しかったので、他のも気になって最終日に行きました。
こちらの塩ラーメンもなかなかでした。白みそとは、微妙にトッピングを変えているんですね。「麩」が入っているのが面白いな、と思いました。
最終日だからだと思うのですが、お店のお兄さんのご好意で「替え玉」をいただきました♪
※普段はやっていません。

ラーメンが美味しかったので、餃子(冷凍品)も購入。
函館餃子
全て「国産原料」だそうです(^_^;)。

早速焼いてみます。
パリパリ!
ものすごく「パリパリッ」とした感じに焼き上がりました!
素人が焼いてもこれだけの仕上がりになるんだから、お店で食べると更に美味しいんでしょうねぇ~。
このお店で食べるために、函館に行ってみたいです。

餃子についていた、特製のみそだれ。
特製みそだれ
餃子にみそだれなんて、初めてでしたが不思議とよく合いました。
余ったみそだれは取っておいて、後日雑炊を作ってみたら、これまた美味しくできました♪スープ状にすると、やっぱり「白みそラーメン」の味に近い感じがしました。

次はスイーツ部門。

ロイズ生チョコ「キャラメリゼ」
久しぶりに買いました、ロイズの生チョコ。
「キャラメリゼ」1月限定だそうです。
キャラメル風味の中にも、洋酒の風味が漂う大人のチョコです。
1日1粒ずつ、今でも大事に食べてます(笑)。

最終日のみ、限定50個限りだった「ショコラショー」。
ショコラショー
限定というわりには、並びもせず普通に買えました。

冷凍状態で販売されているので、食べる直前に「レンジでチン」します。
一見、普通のチョコケーキですが…
見た目は、普通のチョコレートケーキなのですが…

レンジで温めることにより、中のチョコがとろ~り♪
中にはとろ~りチョコレート
こちらも全体的にビターな味わいで、大人のための贅沢なフォンダンショコラですね。

他には「北海道ワイン」のコーナーの店員さんと知り合いになったので、行くたびに多量に試飲させてもらったり(笑)、「お楽しみ抽選会」でたまに当たったり…と、けっこう楽しめました。

時期としては、ちょうど「ひなたちゃん」の看病をしていた頃だったので、今思えばいい気分転換になっていたんじゃないかと思います。

|

2009.01.10

冬の北海道展

立川髙島屋で3日から北海道展が開催されていたのですが、なかなか記事にするヒマがなくって。

でも「いちおう撮ってみた」写真だけは溜まる一方なので、ザーッと並べておきます。

ルタオのジャージーロール。
ジャージーロール・箱
ジャージーロール・カット前
ジャージーロール・カット後
生クリームがとても上品な仕上がりでした。

北海道ワイン「小樽市のみなさまへ」と「ナイアガラスパークリング」。
北海道ワイン
「ナイアガラ」という銘柄は他でも買えますが、スパークリングになっているのは珍しいし、美味しいです。

北浜商店「函館白みそラーメン」。
函館白みそラーメン
イートインコーナーが空いている時に、試しに入ってみたのですが…うまい!
味噌ラーメンは結構好きですが、この味は初めてです。「白みそ」独特の「甘味」があって、しかもコクがあります。トッピングなどがあまり懲りすぎていないのも、個人的には良いと思いました。

で、「お持ち帰り用」のパックも買ったのですが、「パック3個お買い上げ」の方についてきた「おまけ」が…
まりもっこり!
「まりもっこり」のドリンクでした(^_^;)。
知り合い(男性・独身)に差し上げました、ラーメン1パックと共に。

パティスリー・ドゥ・ランコントゥルの「エクレア」。
箱入りエクレア
↓いちご&ゆず
いちご&ゆず
↓キャラメル
キャラメル
ちゃんとお皿に移してから撮れば良かったのですが…あまりキレイな写真じゃなくてすみません。でもこのエクレアは、お皿などに移さず、片手で持って「ガブッ」といった方が美味しいです(*^_^*)。

松前漬け。
松前漬け
松前漬けと一緒に買ったイカのなんとか漬け。
イカのなんとか漬け
松前漬けは濃い目の味付けですがほんのり甘く、イカの方は刺身用なのでとっても柔らかい歯ざわりです。
ご飯の共にも、おつまみにもいいですよね♪
松前漬けは粘り気があるので、意外とパスタにも合うんじゃないかと思いました。

|

2008.10.29

最終日@新潟・長野物産展

月曜日(27日)に終了した、新潟・長野物産展。
最終日にいろいろと買ってしまいました。

マスカルポーネシュー
アトリエ・ド・フロマージュの「マスカルポーネシュー」。
うたい文句は「川島なお美さんの『おめざ』」だそうで(^_^;)。
チーズを使っているからか、クリームが比較的しっかりとしていました。

お昼ご飯は「焼き釜めし」。
宿場の釜めし
宿場の釜めし・きのこ
何種類かありましたが、「きのこ」にしてみました。
会場で火にかけて作っていたので、まだアツアツです。

底のほうにはちゃんと「おこげ」も出来ています。
おこげ!
温め直す場合は、うずらの卵を取り出してからレンジで2~3分とのこと。
きっと過去に誰か、卵をバクハツさせたんでしょうね~。
もちろん持ち帰ってすぐに食べたので、そんな失敗をしでかすこともなく、美味しくいただきました♪

先日「くるみおはぎ」を買った「なかざわ商店」で見つけた「寒天大福」。
だいふく3兄弟

ずんだ
白(中身は『ずんだ』)

あんず
あんず(中身はつぶ餡)

黒糖
黒糖?(中身はつぶ餡)

さすがにその日のうちに3個は食べ切れなかったので、残りを次の日にしたんですけど、次の日になってもお餅がまだフワフワでした。

他にもコロッケとかおこわ等、写真は撮ってませんがたくさん買いました♪
初日だけはあちこち行列が出来ていて、ちょっと引き気味だったのですが、それ以外の日は比較的ゆっくり、のんびりとお買い物できたので、それなりに満喫できたのではないでしょうか。

でも「いろは堂のおやき」に長蛇の列が出来ていたのは、ちょっと意外でした。

イヤ、変な意味じゃなく、エキュートにも全く同じ「いろは堂」が来ているので、わざわざ伊勢丹で並ばなくてもいいのにな~と、思わず並んでいる人たちに教えたくなってしまいました(笑)。

それともこの人たちは、分かっていても並ばずにはいられなかったんでしょーか!?それが物産展マジックだったりして。

|

2008.10.26

新潟・長野物産展【くるみおはぎ】

伊勢丹立川店で開催中の「新潟・長野物産展」で、くるみおはぎを買ってみました。

くるみおはぎ3個入り
チラシではほとんど目立っていなかったのに、実物を見たら妙に気になっちゃって。
くるみを使ったおはぎなんて、ちょっと珍しいですよね?

せっかくなので、いろんな種類が揃っているパックにしてみました。
栗・小豆・くるみ
奥から栗・小豆・くるみになります。
買う時は気付かなかったけど、栗おはぎも初めて見ました(私は)。

さて、いちばん気になる「くるみおはぎ」は…
甘辛い味噌の味付けに、あらびきにしたくるみの、独特の食感。
はじめての味だけど、やっぱりどこか懐かしいような。

今までおはぎは「甘いもの」だと思い込んでましたが、そうじゃないものもあるんだなぁと、この歳で初めて知りましたよ。で、何よりも「甘辛い」味付けだと、「おつまみ」になるし(笑)、最高でした。
他の2品(栗・小豆)も上質な甘さで食べやすく、3個をイッキにたいらげてしまいました。

他にも、旦那に買ってきたコロッケが「今まで食べた中でいちばんうまい!」コロッケだったり(※旦那はコロッケさえあれば他に何もいらない、コロッケ星人です。コロ助とも言います)、あまりチラシでチェックしていなかったものが美味しかったりします。

まぁ物産展に来ている時点で、味に定評があるのは当然と言えば当然なんでしょうね。
明日で最終日ですが、もうちょっとじっくりと「おいしいもの」を探してみたいと思います。

|

2008.09.20

秋の大北海道展【sweet生キャラメル】

整理券が必要な生キャラメルは、とっくにあきらめましたが、ちょっと珍しいお店の生キャラメルを見つけたので、ついつい買ってしまいました。

sweet生キャラメル
「sweet生キャラメル」です。
先日書いた「ねこのたまご」の売り場で見かけました。

6個入りで525円
手のひらに乗ってしまうほど小さな箱で、6個入り525円。
一粒あたりの値段を考えると、じっくり味わって食べないといけませんね(笑)。

冷凍コーナーに置いてあったにも関わらず、とっても軟らかそうです。
気をつけないと、口の中であっという間に溶けてしまいます。

いざ、口に入れると…

恐ろしい速さで、とろけてしまいました(;;;´Д`)

あぁ…「じっくり食べなければ」と思いつつ、またたく間になくなってしまいました…でも一粒あたりの値段を考えると、気軽に「次の一粒」に手を出すわけにはいかないんですよね~。
もしかしたら、「整理券が必要な生キャラメル」よりも、感触はソフトかも知れません。

それにしても、この生キャラメル。
メーカーのサイトを見ても、ネットで検索しても、ほとんど情報が出てきません。
まだ世に出たばっかりなんでしょうかね?

で、一緒に買った「ねこのたまご」。
本日の「ねこのたまご」
生チョコ、ハスカップ、すとろべりー、ごまの4種類。
気のせいかも知れませんが、商品のバリエーションが先日とはちょっと変わっているような??また違う日にチェックしてみますね。

でも気が付いたら私、今回の伊勢丹の北海道展のお菓子は「ねこのたまご」しか買っていません(笑)。
「どれだけ食べるんだ」とツッコまれそうですが、ふわふわの食感といい、ネーミングといい、大好きなんですよ~

|

2008.09.18

秋の大北海道展【ねこのたまご】

髙島屋の北海道展が終わったばかりだというのに、今度は伊勢丹の北海道展のはじまりです。

初日に様子見してきた時は、ものすごい混雑ぶりでした。あらゆる通路が人人人で埋まっているので、1周見て回るだけでも大変です。髙島屋よりも入り口が狭い分だけ、余計に混んでいるような気がします。

花畑牧場の生キャラメルは、整理券で購入するシステムになっていたので、今回は見送ることにしました。毎日2階の正面入口で配っているようです。たぶん相当、並ぶんでしょうね…最初の頃は、普通に買えたのにな~。人気がありすぎるというのも考え物かも。

混雑の中、とりあえず買ってきたのは「ねこのたまご」
意外にも、伊勢丹新登場です!
ねこのたまご
初めて見た「生キャラメル」味を中心に、好きなものをいくつかチョイスしてみました。

「ゆきひかり」は、何と中の生クリームに「お米」が混ざっているんですよ~。
最初にお店の人から説明を聞いた時は、ちょっとミスマッチなのではと思ったのですが、いざ食べてみると不思議な食感が面白くって。以来、「ねこのたまご」を見かけるたびに(グランデュオに時々来てます)、「ゆきひかり」は絶対に買っているのです。

しかしこの「ねこのたまご」。
種類があまりに多いので、いつも「以前、食べたことのある種類」を忘れてしまうんですよね(^_^;)。好きなものを1個から買えるのは有り難いのですが、毎度毎度、かなり悩んで買っています(笑)。

さて、初日は混んでいた北海道展。
台風が近づいているから、ちょっとは空いているのでしょうか!?
また明日あたり、行ってみます。

|

2008.09.14

大北海道展【花月堂/シュークリーム】

髙島屋の北海道展で、2種類のシュークリームを買ってきました。

きな粉シューとプリンシュー!
きな粉シュークリームと、プリンシュークリーム。
300円と、まあまあのお値段ですが、それなりにズッシリとボリュームがありそうです。

プリンシュークリーム
こちらは、旦那が食べたプリンシュークリーム。
特に感想は聞いていないのですが、イッキに食べていたので美味しかったのだろうな、と(笑)。
生クリームがサッパリとしているので、カロリーさえ気にしなきゃ何個でもいけそうです!?

きな粉シュークリーム
こちらは、きな粉シュークリーム。
お店で見た時は分からなかったけど、持ってみると意外にズッシリしています。
「何だろう?」と不思議に思いながら食べ進めていくと…

下半分のシューに、「あんこ」がビッシリと詰まっていました!
(写真は撮っていません)

うわー、面白い!
シュークリームという洋菓子を食べているはずなのに、「あんこ」を発見してからはなぜか和菓子を食べているような気分になってきました(笑)。
今までいろんなお菓子を試してみたけど、シュー生地+あんこの組み合わせって意外となかったかも知れません。

髙島屋の北海道展が終わると同時に、次は伊勢丹で北海道展が始まります。そしてこのシュークリームもチラシに載っていたので、様子を見ながらリピートしようかしら

| | トラックバック (0)

2008.09.11

大北海道展【石屋製菓/美冬】

北海道展で「あまり見たことないな」と思って買ってみたお菓子。

よくよく見たら、あの「白い恋人」のメーカー、石屋製菓のものでした。

美冬パッケージ
「美冬」という、ミルフィーユ菓子です。
箱の大きさが2種類ありましたが、とりあえず「お試し」なので、小さい方の6個入りにしてみました。

中身は「ブルーベリー」「キャラメル」「マロン」の3種類。
最初に「マロン」を開封してみました。
美冬中身
あ、外側はホワイトチョコなんですね。
なぜか勝手にミルクチョコを想像していたので、ちょっと意外。
(追記:ブルーベリーは“ビターチョコ”でした)

美冬断面
食べる前に、半分にカットしてみました。
うす~いパイ生地の間に、マロンクリームがサンドされています。

味は、何だかとっても優しくて懐かしい味。

あ、そうか。
しばらくの間、食べていなかった「白い恋人」に似た味なのね(笑)。

食感はちょっと違いますが、この美冬を食べると、同時に白い恋人を食べたような気分になれるかも知れません!?

 

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧